企業・団体名
Apple
時期
2012年12月
対象
家族、恋人
媒体
メルマガ

コピーに続くリード文はこちら「あの人に贈るクリスマスプレゼント、まだ間に合います。」。

「あの人」を想起させることがまず大切。

そして、慌ただしい師走、まだクリスマスプレゼントを用意してなかったことに対してメリットを感じさせるキャッチコピーです。