企業・団体名
Baidu Japan
時期
2010年4月
対象
一般消費者
媒体
Web広告

検索サービスを手がけるBaidu Japan。

提供サービスの1つである日本語入力システム「Baidu IME」のキャンペーン『お願い☆一発変換キャンペーン』で使用したキャッチコピー。

具体的な事例を挙げるテクニックは、ユーザーの共感を呼べる常套テクニックだ。